毎年梅雨の時期に感じるダルさは、「梅雨だる」だった!

毎年5月下旬から7月半ばまで感じる不調。
先日たまたま見たTVで梅雨だるという症状の特集をしていて
毎年のこの症状は「梅雨だる」という症状だということを初めて知りました。

この時期は、体重が○トンになったような、ゾウのように重くなったような気がするぐらいの
体の重さに困っていました。
それは更年期のせいだと思いながら約10年余り。
いつになると更年期が無くなるのかしら・・・
毎年このような事を考えていたこの時期の、体のだるさ。
それって、更年期じゃなく「梅雨だる」だったんですね。

「梅雨だる」とは、「梅雨不調」のことで
女性の約6割が感じている症状です。そのち梅雨前から梅雨が終わる約2か月の間の長い期間
「梅雨だる」の症状に悩まされている女性は、そのなかの3割もいるといいます。
かく言う私もその3割の中の一人です。
この時期は毎年かなりの不調で、ドリンク剤ばかり飲んでいますが
その時は少し元気になったような気がするのですが、
すぐにド~ンとした、体の重さを感じ、床にへばりつくように寝込んでしまいます。
まるで、接着剤でくっついたように、床から離れないんです・・・

「梅雨だる」ってなあに?
・梅雨入り前から梅雨の間は、低気圧の関係で副交感神経が優位に立ち、
 体がお休みモードに入ってしまうことで、ダルさを感じてしまう。
 その結果、あまり動くことができないために、血のめぐりが悪くなり
 肩こり、頭痛などの症状に悩まされる人が多くいる。

たまたまこの時期にダルさを感じていた私は
更年期のせいにしたり、「やる気」が無いんだと思い
自分を責めたりしていましたが、梅雨の低気圧の関係でこのような症状が出ていたのを知り
自分だけではないんだという、ちょっと安心感を得ながらも
それなら、解消法もあるんじゃないかと考え始めました。

梅雨だるの解消法
・早寝早起きの、規則正しい生活。
・生活にメリハリをつける。
・食事の前に運動する。
・熱いお風呂に入る。

放送されたTVの内容ですが、「熱いお風呂に入る」以外はどの健康法にも書いてあることばかり。
ようするに、健康的な生活を送るための基本の基なんですね。
でもこのだるさを知っている私は、なかなかこのようにメリハリをつけるなんて
つけようにも、体がだるくって出来ないわ!
そう思いましたが、無理やりにもメリハリをつけていくと
この「梅雨だる」は解消されるということでした。
無理やりにメリハリをつけるって、そうとう大変かもですね。

とりあえず私は、栄養ドリンクをのんで、体が少ししゃんとしている間に
無理やりメリハリをつけるという方法で頑張りたいと思っています。
いろいろと栄養ドリンクを試してきましたが、
いままで試した中で、私にとってよかった栄養ドリンクはイミダペプチドです。
以前にも、記事を書いたとこがありますが
やっぱりイミダペプチドが、私の中でのイチオシです。
イミダペプチドは「元気ドリンク」とうたわれているように
約1週間飲んでみると、気がついたら体がしゃんとした気がしました。
もう一度取り寄せてみたいと思います。
私はリピーターなのでダメですが、初めて試したい方には
WEB限定の送料無料モニターがお得です。

以前のイミダペプチドを飲んだ感想は>>>イミダペプチドお試しレビュー

イミダペプチド詳しくは>>>日本予防医薬株式会社



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

Sitio web optimizado por: SEO Valencia
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: Wordpress modo mantenimiento