アルツハイマー母の場合とストレス解消おひとりさまの大切な時間

2007年にアルツハイマーと診断されるまでの母は
少しづつ失われて行く記憶に、誰にも言えずに不安を抱えていたように思います。

何時ものスーパーに買い物に行けば、
帰り道がわからなくなり、電話をかけてきたり
1分と空けずに電話ばかりかけてきたり、
その時、初めは異常に気がつかなかった私は
「今忙しいか何回も同じことばかり電話はやめて」
そんな事を言ってしまっていましたが
その時の母はとても不安になったのでしょうね。
今思えば、もっと早くに気がついてあげていればと
後悔しています。

母の元気な時の口癖は
「呆けて、迷惑をかけないようにしんとね」
そう言って、
アルツハイマーにならないためにという予防法を全て実践していました。
バランスの良い食生活だけでなく
水泳・ウォーキング・ヨガ・カラオケなど、

あらゆることを実践していたのに、
何故アルツハイマーになったのか、
本当に悔しく思います。

母のアルツハイマーで私が感じたことは
日々の生活習慣もとっても大切ですが
心の平和が一番大切なのではないかということです。

心の平和とは、ストレスをためない
神経質にならないなどです。

母はとにかく神経質で、心配症でした。
常に子供たちのこと(私達のことですが)を心配したり
父の健康を気にかけたりの毎日、
そしてご近所のこと、小姑のことなどなど
心が休まる日がず~っとなかったのかもしれません。

私達が結婚する前、結婚後ず~っと心配かけてきたので
それも一因があるのではと、心配かけてしまったことを
ほんとうに後悔したりしています。

できるだけ、上手に気分転換などをすることが
とっても大切だと思います。

私の気分転換は、
時間を見つけて、一人になる時間を作り
本を片手に、ちょっぴり普段よりおしゃれして
素敵なカフェで過ごしたりするのが大好きです。
この至福のひと時で、自分を見つめ直し
心が軽くなち、また普段の生活を頑張れるんです。

その素敵なカフェに、静かなクラシック音楽が流れているのが
一番落ち着きます。

私がよく行くカフェは、
自動演奏ですがピアノの生演奏が流れてるカフェなんですよ♪

上のお写真は、最近気に入っているカフェです。
お席は3席のみで、靴を脱いでふわふわのスリッパに履き替えて
自宅のリビングさながらの癒しの空間なんです。

このお店のお紅茶とスコーンと本があれば
何時間でもくつろいでいたい空間です。

そんな時にはやっぱり
クラシック音楽と本は欠かせませんね♪

この時間が、私にとって一番大切な時間です。

母も、このような時間を持つことが出来たら
きっともう少し長く、いてくれたのかしら・・・
そんな思いをはせる、今日この頃です。

今読んでいる本は、
酒井雄哉さんの「がんばらなくていいんだよ」です。


>>> 酒井雄哉著 がんばらなくていいんだよ

酒井雄哉さんの、話口調の書き方に
とっても癒されています。

ほんとうに、優しいお話をされる方なんですね。
いつか、お寺にも行ってみたいな~

酒井雄哉さんの、このシリーズ
全て読んじゃいました。
おかげさまで、心がす~っと軽くなりました♪


楽天ブックス >>> 酒井雄哉著 がんばらなくていいんだよ


このほかにも、いろいろとストレス解消法は持っていますが
でも、ひとりになれる時間、
母・妻・嫁の何物でもない
自分に戻る大切な時間があってこそ
また、頑張る元気が湧いてくるように思います。

それは私の場合は、素敵なカフェで・・・ですが
ひとりでウォーキングしても、ジョギングしても
なんでもいいので、自分に戻れる時間を作ることが大切だと感じています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする

Sitio web optimizado por: Posicionamiento en Google
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: Wordpress modo mantenimiento