ココナッツオイルで症状の改善が見られた病気

ココナッツオイルには、中鎖脂肪酸を多く含まれているので
中鎖脂肪酸を分解してできるケトン体をココナッツオイルからとることが出来ます。
ケトン体はアルツハイマーに良いといわれますが
しかし実際にはアルツハイマーだけではなく
神経細胞の変化が原因で起きる病気に効果があるといわれています。

たとえば、パーキンソン病、てんかん、筋委縮性側索硬化症(ALS)に
効果が期待できるといわれています。

実際に効果がみられて病気には
ハンチントン病、多発性硬化症、双極性障害、緑内障などです。

難病指定の病気、心の病、眼の病気などに効果があることが分かってきているので
毎日の食卓にココナッツオイルをとることで
将来的に元気で長生きできるとしたら、こんなに素晴らしいことはないでしょう。
いくら長生きしても、病気で寝たきりになったり、認知症になってでは
自分自身もとっても悲しい思いをするので、
薬でなく食品のココナッツオイルをとることは、
予防の上でもとっても素晴らしいことだと思います。


楽天市場 >>> ココナッツオイル
アマゾン >>> ココナッツオイル


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

Sitio web optimizado por: Diseño Web
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: Wordpress modo mantenimiento