ゲンキの時間 喜界島の健康長寿の源は長命草


喜界島の健康長寿は長寿ホルモンを増やす食生活と運動にカギがある
その食材の一つ鹿児島県喜界島の長命草が、ゲンキの時間で紹介されました。長命草とは俗名ではボウフウソウと呼ばれている道端にある草のことで、喜界島の方は日常的に食べられているそうです。

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-8309600938910996"
data-ad-slot="3845842567"
data-ad-format="auto">


長命草

長命草はセリ科の植物で、海岸の断崖や岩場に自生する常緑多年草です。厳しい自然の中に生えているいわば雑草ですね。長命草には豊富な栄養素があり、その栄養の高さから昔から病気の予防に食べられてきたそうです。俗名でボタンボウフウと呼ばれているのは、葉がボタンの葉に似ていることからこのように呼ばれています。

長命草の栄養は

長命草の栄養素・鉄分はプルーンの6倍・カルシウムは牛乳の4倍・ポリフェノールも豊富

このような栄養が豊富なため、骨粗鬆症の予防・生活習慣病の予防・老化防止にてきめんの、スーパーベジタブルと呼ばれています。
長命草はベータカロチンやビタミンA・B2・B6・C・Eを含み、食物繊維、鉄分、カルシウム、マグネシウム。そして総ポリフェノールが多く含まれているのが特徴で、ポリフェノールは動脈硬化の防止・抗がん作用、血中コレステロール・血圧・血糖値の上昇を抑制するなどの効用がよく知られています。その他には抗菌、抗ウィルス、抗アレルギーなどの効果もあり、ポリフェノールは健康長寿に欠かせない栄養素だといわれています。そのポリフェノールも豊富に含有している長命草が鹿児島県喜界島の健康長寿の役割を多くになっているのですね。


長命草の食べ方は

喜界島での長命草の食べ方は、ズバリ天ぷら!塩で下味をつけて天ぷらにするだけで、一株食べると1日長生きするといわれているそうです。長命草のお味は、せり科お野菜の為、セリの天ぷらのようなお味だそうです。ゲンキの時間ではとっても美味しそうに食べられていました。

長命草は喜界島以外でも食べられる?

鹿児島県喜界島の長命草をお取り寄せしたいと探してみましたが、残念ながら今のところ見つけられずにいます。
本来なら毎日生長命草をお料理して、毎日食べるのが一番いいのかと思いますが、本当に残念ですが生の長命草をお取り寄せできるサイトを見つけることができませんでした。
ならばその他の方法で長命草を食べることはできないかと探してみると、長命草の青汁・タブレットなどがお取り寄せできるようです。
長命草の青汁ご購入は>>>資生堂 長命草 < パウダー > N 3gX30包
長命草タブレットのご購入は>>>資生堂 長命草 < タブレット > N 180粒
資生堂ワタシプラスの公式HP・長命草サプリメントは下記のリンクでワタシプラスに入ったあと、左カテゴリーの健康食品からおすすみください。
>>>公式【資生堂】めぐりの力で、毎日が変わる。長命草パウダー<WEB限定>

健康長寿には効果のある食材をコンスタントに食べる必要があるので、手に入りにくい長命草をたまに食べるよりも、青汁などを毎日飲んだりタブレットを継続して飲み続けるほうが効果があるのでは?と個人的に考えています。

生の長命草をどうしても食べたい!食べるには?

どうしても生の長命草でないとダメ!という方は喜界島に行ってください!ていうのは現実味がありませんね。どうしても生の長命草を食べてみたいと思われる方は(私もそう思っています)、苗のお取り寄せはできるようなので、家庭菜園で栽培するのも楽しみの一つになりますね。自分で育てたお野菜を自分でお料理するのはとっても楽しいですね^^

長命草の苗のご購入は>>>『長命草/ボタンボウフウ/サクナ の苗 4個セット』



スポンサーリンク

シェアする

フォローする

Sitio web optimizado por: SEO Valencia
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: Wordpress modo mantenimiento