2015年5月PM2.5は全国の8割で「環境基準」を達成できなかったのニュースを見て納得

今から2年前に騒がれ出したPM2.5
人って騒がれ出した時は、異常なまでに意識するのに
時間がたてば・・・
これが人間なんですよね。
かく言う私も、その時は大量にマスクを買い込んだり
洗濯物を気をつけて干したりしていましたが
そのうちに忘れてしまって、普通に洗濯物を干したり
お掃除もサボり気味。

わが家の主人は花粉症がひどくって
でも5月には終息するはずが、今年は何故かこの5月に入っても辛そう・・・

そこで、今朝のニュースを見て納得。
2013年のPM2.5は、九州地方の濃度が濃いという報道があったように思いますが
2015年5月14日の観測では
大気汚染物質「PM2.5」について、全国の8割あまりの観測地点で、
健康を維持するのに望ましい「環境基準」を達成できなかったことがわかりました。

気がつかずにいたら、全国的に広がっていて
健康維持するのに望ましい「環境基準」を達成できていないなんて
ほんとうに驚きました。
これを見て、主人の鼻炎は、PM2.5の影響じゃないかと思い始めています。

PM2.5が粒子が細かく、
肺の奥深く入ってしまうといわれています。
そして肺がんのリスクなどがたかまり、ぜんそくも引き起こすといわれています。

マスクも大切だったけれど、吸入器の方が大切だったのかもしれません。
のどのうるおいがあると、そこでせき止められて
少しでも体の奥に入るのを阻止できる。
そんな役割もあるのでは。

でも毎日、耳鼻科で吸入に行くというのは
時間も労力もかかるので、自宅で手軽に使用できる
高性能の吸入器は無いものかと探してみました。

そこで見つけたのが、一番の売れ筋の吸入器。
A&D(エーアンドデイ)口鼻両用 超音波温熱吸入器 ホットシャワーです。

A&D(エーアンドデイ)口鼻両用 超音波温熱吸入器 ホットシャワー3 UN-133B
A&D(エーアンドデイ)口鼻両用
超音波温熱吸入器 ホットシャワー3 UN-133B」


43℃・5ミクロンのきめ細かいソフトなミストでのど・鼻を温め、
潤しスッキリ!うがいでは届かないのどの奥に潤いを与えてくれる
A&D(エーアンドデイ)口鼻両用 超音波温熱吸入器 なら
とっても体に良さそうです。

吸入口がマスク型なので、のど・鼻同時に吸入できるので
ノズルの付け替えが必要なくとっても便利です。

これからこんなにも大気汚染が広がると
一家に一台、吸入器は必要かもしれませんね。


スポンサーリンク

シェアする

フォローする

Sitio web optimizado por: SEO Valencia
Plugin Modo Mantenimiento patrocinado por: Wordpress modo mantenimiento