エンシュアHを美味しく食べるレシピ|フレンチトースト(シナモン風味)

エンシュア-フレンチトースト.
栄養たっぷりなのに、美味しくないと言われているエンシュア。
エンシュアを使った美味しいエンシュアレシピを考えてみよう!
考えた結果、フレンチトーストなら美味しいかも?
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-8309600938910996"
data-ad-slot="1958396152">


エンシュアをフレンチトーストにした理由

エンシュアは甘すぎるので、出来るならば飲みたくない。
でも体重減少している旦那さんに、栄養たっぷりのエンシュアを飲ませる方法はないのかしら?そう思ったのが始まりで、
「飲み物以外で食べる方法はないのかしら?」
そう思って思いついたのが、先日ファミレスで食べたフレンチトーストです。

フレンチトーストなら、牛乳・卵などを入れるのでさらに栄養価がUP!

「何か甘いものない?」と一日中言ってる旦那さん。
市販のお菓子ばかりだと栄養も摂れないし・・・
一度に沢山食べられないので、お腹がすく気持ちはわかりますが
お菓子ばかりでは・・・
毎日そう思っていました。

小さなおにぎりを作ったりしていましたが
やっぱり甘いものが欲しいようです。

そして病院で処方していただいているエンシュアも余り気味・・・
もったいないので、スイーツにしたら食べれるかも?
そう思ったのが始まりです。
style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-8309600938910996"
data-ad-slot="1958396152">

エンシュアフレンチトースト(シナモン風味)のレシピ

材料

  • 食パン(5枚切り)   1枚
  • エンシュア(バニラ) 100㏄
  • 牛乳         100cc
  • 砂糖         大1
  • 玉子         1個
  • バター        10g
  • シナモン       少々

  • 作り方

    1 をボールに入れ泡立て器で混ぜておく
    2 食パンを半分に切る。
    3 保存容器に2を並べて入れ1を注ぐ。
    エンシュア-フレンチトースト.
    4 食パンに液がしっかりとしみ込むまで、途中で裏返して冷蔵庫で休ませる。
     このように液がほとんど無くなれば美味しい目安。
     (一晩休ませるぐらいの時間が美味しくできる)
    エンシュア-フレンチトースト.

    5 フライパンにバターを溶かし、4を入れて弱火でじっくりと約10分。
     裏表がこんがりするまで焼く。

    6 5でも食べられますが、中までしっかり火を通したいときは
      180℃のオーブンで約10分焼くのがベスト。

    7 焼きあがったらお皿に盛り付けて、シナモンをトッピングして出来上がり。
      お好みでメープルシロップをかけても美味しいです。

    180度のオーブンで加熱した理由は、
     旦那さんは胃を全摘しているので、食中毒などの理由で
     生物が食べられないので再加熱しました。

    エンシュアフレンチトースト(シナモン風味)を食べた感想

    旦那さんの一言感想は
    「美味しかったよ、でも1/4でいいかな」
    私も食べてみましたが、
    フレンチトーストは玉子・バター・牛乳でかなり重いので
    1/2の量は、私にもきつかったです。
    でもお味はとっても美味しく頂けました。

    私はもともと甘さは控えめがすきなので1/4位がベストだと感じましたが、
    超甘党の方は、多分1/2食べられると思います。
    シナモンを一振りすると、風味がより美味しくなります。
    style="display:block; text-align:center;"
    data-ad-layout="in-article"
    data-ad-format="fluid"
    data-ad-client="ca-pub-8309600938910996"
    data-ad-slot="1958396152">

    シナモンちょこっと豆知識と使い方

    シナモン
    普段目にするシナモンは、スティック状のシナモンスティックと粉末状のシナモンパウダーです。
    でも生産される前は上の画像のような木から出来ています。

    シナモンは世界でもっとも古くから使われているスパイスで
    紀元前2千年以上前にエジプトからシナモンを求めて航海にでたという
    記録もあるほどです。

    日本ではニッキと呼ばれて、昔から和菓子や飴、京都の八つ橋などに使われています。

    シナモンはクスノキ科クスノキ属の熱帯性常緑樹で、
    その中でも芳香性の高い樹木の樹皮を乾燥させたものです。

    代表的なシナモンにはセイロンシナモンとカシアがありますが
    スパイスでよく目にするのが、セイロンシナモンという品種
    です。
    カシアは香りが強すぎて、スイーツなどには合わせにくいために
    セイロンシナモンが良く出回っています。

    シナモンは漢方では桂皮と呼ばれています。
    奈良時代にシナモンが入ってきたころは薬として使われていました。

    日本では関東以西で見られる樹木のくすのきも同じ仲間ですが
    セイロンシナモン・カシアに比べると、香りはかなり少ないそうです。

    またシナモンには血流を良くし、血液をサラサラにしてくれる効果もあるので
    冷え性を改善することが認められています。
    体を温めてくれる効果があるのなら免疫力UPするかもと思い、
    わが家では紅茶・珈琲・スイーツなどによく使います。

    シナモンを使った朝ごはんとスイーツ

    トーストONバナナ
    トーストonバナナ フランスパンの上に乗せたバナナに、シナモンを一振りして
    トーストしたものです。
    トーストしたバナナがトロリとしてとっても美味しいです。

    またサツマイモを蒸してから、バターで焼いたものにシナモンを一振りすると
    即席スイートポテト風になって、子供たちにも人気のレシピです。




    スポンサーリンク

    シェアする

    フォローする