癌家系じゃないから大丈夫って思っていませんか?(術後3か月目に実感したこと)

style="display:block; text-align:center;"
data-ad-layout="in-article"
data-ad-format="fluid"
data-ad-client="ca-pub-8309600938910996"
data-ad-slot="1958396152">

癌には癌家系というものが確かにあります。つまり遺伝性の癌ですね。
でも現在日本人2人に1人が癌にかかると言われています。そして生涯、何らかの癌になるリスクは男性で60.0%、女性で44.9%といわれています。
この中には、もちろん遺伝性の癌もありますが、日々の生活習慣でなる癌もたくさんあります。
遺伝性癌詳しくは>>>国立がんセンター 遺伝性腫瘍・家族性腫瘍

義父も胃癌で全摘手術をしています。そして旦那さんも同じように胃がんで全摘手術をしました。
でも現在は癌は癌家系だから羅漢する遺伝癌だけでなく、生活習慣で羅漢する生活習慣病ともいわれています。


足音もなく忍び寄る癌

旦那さんの胃がんは、気が付いたときには重度の貧血があったにも関わらず、たまたま職場の健康診断を受けるまで気が付きませんでした。
これが癌の怖いところですね。

何となく体がだるい・気が付くと痩せていた。という自覚症状はありましたが、だるくなり始めたのが春から夏にかけて。おまけに猛暑だったので、「夏バテかな」なんて軽く考えて今いました。

夏場にダルさがあっても、夏バテと思いがちですね。それが重度の貧血からによるもので、癌の自覚症状でした。
おまけに痩せてきていたのも、春先からのダイエット(運動による)の効果と思っていましたので、発見がかなり遅れてしまい、検査を受けた時にはステージⅡBという結果で、癌の大きさは6センチにも育ってしまっていました。

「足音もなく忍び寄る癌」というタイトルを付けましたが、実際は自覚症状が出ていたのですね。
旦那さんの場合はこんな感じで、ステージⅡまで気が付きませんでしたが(自覚症状が出ていたにもかかわらず)、もっと早い段階ではほとんど自覚症状はないようです。

胃癌の初期は、胃がムカムカする・胃もたれがするなど、少し食べすぎかな?という程度の自覚症状で、私のように胃が弱いものにはわかりずらいですね。
「胃がムカムカする・胃もたれがする」という自覚症状で、市販の胃薬を飲んでいるだけで過ごしていて、胃癌が発覚した時にはステージⅣという方もいました。(後日友人に聞きました)
このことから、がん検診がどれほど大切かということがわかります。

がん検診と人間ドック

このような経緯から旦那さんも、がん検診をしっかりとしていたらと、悔やまれてなりません。
がん検診を受けていれば、全摘手術をせずに、内視鏡手術で胃癌を摘出できたかもしれないと思うと、本当に悔やまれてなりません。

旦那さんの胃がんはステージⅡbで6センチ。そして5層ある胃壁の腹膜すれすれのところまで浸潤していたので、内視鏡手術はできず全摘手術という判断になりました。

全摘手術と内視鏡手術とでは、術後の予後が全く違います。内視鏡手術で取れる大きさの時に気が付いていればと、もっと今の生活が楽だったのにと、術後3か月の今、実感しています。

どうか皆さん、がん検診は絶対に受けてくださいね。「胃癌検診は胃カメラがイヤ」と思われる方も多いと思いますが、昔の胃カメラよりもかなり小さくなっているので、苦しいけど今はそれほどでもないです。(私も過去に3回胃カメラの検査をしています)
>>>全国人間ドック・がん検診など検索サイト

遺伝子癌検査

がん検診も重要ですが、旦那さんの場合は実父が胃癌で全摘手術をしていることから、早めに遺伝子検査をしておけば、がん遺伝子を持っていたかどうかもわかり、もっと気を付けられたのかと思います。
遺伝子検査で、癌の遺伝子があるということがわかると怖い気がします。
でも今になればでもそのような知識があれば、生活習慣を是正したり、がん検診をこまめに受けたりするなど、そんな対策が出来たのかと思っています
>>>消化器がんマイクロアレイ血液検査(遺伝子関連検査)

がん予防メディカルクラブとは

現在日本人の2人に1人ががんにかかり、そのうち3人に1人が、がんで亡くなるといわれています。
その一番の原因としては、早期発見ができなかった!ということです。もう少し早くに気が付いていれば・・・
旦那さんの場合はスレスレの時期に気が付いたので、今のところ転移はしていませんが、これがあと2週間遅ければと思うと怖くなります。早期発見の大切さを、身に染みて実感しています。

がん予防メディカルクラブとは、癌の早期発見に大切な検査であるPET検査などの人間ドックは高額で、なかなか定期的に受けるというのは、金額的に大変なので、検査したいけれど二の足を踏んでいる方も多くおられると思います。でも癌の早期発見には大切なのは、それらの検査なんですよね。

また他のがん予防のメディカルクラブは高額のところも多くなかなか入る事ができません。ここでご紹介するがん予防メディカルクラブ【まも~る】は低コストの月額会員サービス(月々3,480円(税別))なので、金銭的にも無理なく”がんリスク”を定期的に調べることが出来るサービスです。家族割の制度などもあり良心的なサービスなのでご紹介させていただきます。
サービスにいきなり加入はハードルも高いですが、ネットから資料請求だけも出来るサービスです。

詳しくはがん予防メディカルクラブ「まも~る」公式HP>>>がん予防メディカルクラブ【まも~る】

まとめ

現在は2人に一人という確率で癌になっています。今や癌は遺伝性癌だけでなく、だれもが羅漢する病気です。
毎日の生活習慣を改めると同時に、がん検診は絶対に大切な検査です。
早期発見・早期治療といいますが、まさにその通り。
旦那さんの場合も、もっと早く気が付いていれば内視鏡手術でができ、今のような辛い後遺症に悩まされることがなかったと思います。
一人でもこのようになる人がいなくなることを願って、がん検診の大切さを伝えたいと思っています。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする