野草茶(宝寿茶)口コミ


いつもお世話になっているぐるなびさんから
野草茶の宝寿茶をモニターで頂きました。


style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-8309600938910996"
data-ad-slot="7466747406">


早速入れてみると、お味は以前に飲んだ「万能茶」と似たようなお味で、とっても飲みやすく美味しい健康茶でした。万能茶のお味は少し香ばしく、わが家の子供たちも小さいころ気に入って飲んでいた、お子様にも飲みやすいお味のお茶です。
宝寿茶も万能茶に似た香ばしい香りのお茶で、何の香りかを考えてみると、ハトムギの香りかしら?と勝手に思っていますが、それはそれは香ばしく美味しいお茶です。

添えてあった小冊子に目を通すと体に良さそうな18種類の野草をブレンドした毎日美味しく飲める健康茶と書いていました。

原材料ドクダミ・ハト麦・ハマ茶・プーアル茶・甘草・クマザサ・ビワ茶・ヨモギ・ハブ茶・クコ茶・みかんの皮・柿葉・シソ・オオバコ・グァバ茶・アマチャヅル・スギナ・紅花


どの野草も、健康に良いと評判の野草ばかりです。

たとえば、ハトムギはお肌、ヨモギはなんといっても万能選手。ミカンは漢方薬にも使用されています。ドクダミは名前のごとく、毒を出してくれる効果があり、ビワの葉は、ガン予防、温熱療法などに使われています。

他の柿葉・シソ・オオバコ・グァバ・アマチャヅル・スギナ・紅花・ハブ茶・クマザサ・甘草・プーアル茶もそれぞれ昔から良いといわれている野草ばかりです。

普通、これだけ体に良いものばかりが入っているとあまり美味しくないというのが世の常。でもね、お味も香ばしくってとっても美味しいんですよ!

宝寿茶のキャッチコピーが「和食から生まれた風味と健康」となっているのもうなずけます。

お写真は、大1の茶葉を400㏄の湯に1分間おいたものです。私的にはこの量と時間がちょうどよい美味しいお茶になりました。
夏は、1.5~2Lのお湯に20gほど入れ一に立ちさせ、火を止めて5分ほど蒸らして常温のまま冷ましてから冷蔵庫に入れて冷やして飲む
とっても美味しい冷茶として楽しめます。

お茶以外にはお料理のだしとして、豚の角煮・筑前煮など、肉料理などは下ゆでに使うと余分な脂がとれ、出し代わりとしてお茶を入れて煮ると味付けが普段より少量で同じ味が出せるそうです。

そして茶飯としても、カップヌードルのお湯の代わりに使うと体に優しく、お味もまろやかになるんですって!
いろいろな使い方が楽しめますね^^

また飲んだ後の出がらしも、植え木の肥料としたりお風呂に入れてリラックスタイムなどなど、捨てるところが無く、最後まで使い切れるので、最後に肥料にすればゴミも出ないので、地球にやさしい健康茶ですね。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする