フェースシールドで息苦しいマスクから解放|ゲンズフェースシールド(眼鏡タイプ)

フェースシールド 衛生用品
スポンサーリンク

美川憲一さんが東京都への1万個寄付されたというゲンズフェイスシールドのご紹介です。

私のようにマスクをすると息苦しさから動悸がするという、マスクが合わない人にとってフェースシールドはこの上ない快適さでした。

ゲンズフェースシールド(眼鏡タイプ)は芸能人の方もよく使われているので、TVでよくみかけるメガネタイプのフェースシールドです。
最近ではドラッグストアー・スーパーの従業員もよく使われているのでご存知の方も多くなってきたと思います。
直近では8月22~23日に行われてた、24時間テレビでもよく見かけました。

コロナ禍でマスクをするのが当たり前の世の中になりましたが、猛暑の季節のマスクは本当に苦しいです。
苦しいのもさることながら、熱中症の危険と隣り合わせ!

TVを見ていると、芸能人の方が付けているフェースシールドがすごく気になっていました。フェースシールドなら息苦しさも軽減できるのではないかしら?

ちょうどそう思っている時に、美川憲一さんが東京都への寄付されたという、Serge源’s(ゲンズシールド)の眼鏡タイプのフェースシールドをモニターさせていただくことになりました。



ご購入・詳細は>>>メガネ付きフェイスシールド

ゲンズフェースシールド(眼鏡タイプ)を使ってみたら、マスクの息苦しさから解放され、快適にピアノ教室で子供たちにもレッスンすることが出来ました!

フェースシールド

フェースシールドには、TVなどで見かける、口元と鼻を覆うタイプのものと、今回ご紹介する額から顎の部分まで覆うことが出来る眼鏡タイプのフェースシールドの2種類あります。

まずフェイスシールドはの役割としては、マスクと同様に飛沫が顔や粘膜にかからないようにすることが一番大切な役割です。
でもマスクだと鼻・口は覆うことが出来ても、目の粘膜を守ることができません。

それは、口元と鼻を覆うフェースシールドも同じですが、今日ご紹介するフェースシールドはメガネがついているタイプなので、額から顎にかけて覆うことが出来ます。

万が一コロナの飛沫がかかるようなことがあっても、目の粘膜も守ることが出来ます。

梅雨から真夏、そしてまだまだ暑い残暑はマスクだと熱中症を心配しますが、フェースシールドだと口元を覆うのではなく、カバーするイメージなので、マスクのように熱がこもらないので、快適な着け心地です。

私は普段から動悸がするので、マスクをすると息苦しくて困っていました。
でもフェースシールドだと、口・鼻の部分に空気の通り道が出来るので、息苦しさも半分以下になりました。

Serge源’s(ゲンズシールド)フェースシールド

フェースシールド
モニターさせていただいているSerge源’s(ゲンズシールド)フェースシールドは、ご紹介するメガネタイプのフェースシールドの他に、Serge源’sが独自に開発した日本製フェースシールド・そしてゴムタイプのフェースシールドを送っていただきました。

メガネタイプフェースシールドには、おまけでデコレーションできるフィルムが付属しています。私が送ってもらったのは右端のデコレーションフィルムです。

もっと可愛いデコレーションフィルムなど数種類ありますが、選べないのが残念です。
おまけだから仕方ないのでしょうね・・・

売れ筋はメガネタイプフェースシールドは2400円セットです。
フェースシールド

メガネタイプフェースシールドは2400円セット内容

  1. メガネ3個
  2. シールド3枚
  3. 交換用シールド3枚
  4. 自社開発の日本製フェースシールド1枚

おまけの自社開発の日本製フェースシールド
フェースシールド

モニターさせていただいた3種類のフェースシールドです。
フェースシールド
メガネタイプのフェースシールドが一番スリムでスタイリッシュでした。




ご購入・詳細は>>>メガネ付きフェイスシールド

メガネタイプフェースシールドを使ってみた感想

メガネタイプフェースシールドのメリット

  1. マスクによる息苦しさから解放されてラクチン
  2. メイクを思いっきり楽しんでストレス解消
  3. フェースシールドはずれる心配がないので、しっかりと口を動かして話せる

私はピアノ教室を運営していますが、生徒にレッスンする時のマスクが苦しくって苦しくって!声を出して歌を歌うときなどストレス!

フェースシールドをTVで見てから、フェースシールドを使うと楽そうだな~
そう思っていて、早速レッスンの時に使ってみたら快適この上ありませんでした。

第一息を吸うのが普段通りでとってもラクチン!いつもはコンタクトレンズですが、もともとメガネをかけているので抵抗なく使うことが出来ました。
メガネタイプのフェースシールドは、見た目がメガネがついているのでメガネをかけてると使えないと思いますが、メガネの上からも装着可能です。

メガネタイプのフェースシールドは、頭にゴムのベルトをつけずに、メガネをかけている感覚なので、すごくラクチンでした。

女性は、マスクをするとメイクをしても仕方ないと思いますが、フェースシールドだと口紅もしっかりと使えてメイクが楽しめるので、コロナ禍で気持ちも滅入りストレスもたまっている今の時期に、思いっきりメイクも楽しめます。

マスクをすると、マスクのずれが気になって、しゃべるときにしっかりと口を動かしにくいことから、体のいろいろな場所に不調が出てくると言われていますが、フェースシールドだとずれる心配がないので、しっかりと口元を動かすことが出来、しっかりとした発音で話が出来ることもメリットです。
私の場合は、マスクをすると動悸がするという事もさることながら、肩こりもひどくなり、フェースシールドをすると肩こりが楽になってきました。

それはお坊さんが読経をする時も同じで、娘の旦那さんがお坊さんなので進めてみました。

メガネタイプフェースシールドのデメリット

マスクの下側から飛沫が落ちないかと心配

ゲンズフェースシールド(眼鏡タイプ)はアゴの部分までありますが、話をする時などは下に飛沫が落ちるのが気になりました。

フェースシールドを使うときに気を付けること

フェースシールドを使う時は、飛沫が下に落ちる可能性があるので、立って使う場合はマスクを着用すること

私がピアノレッスンをする時に気を付けたことは、立ったまま生徒の横で話さないことでした。
フェースシールド+マスクだと、マスクをすると動悸がする私にとってはマスクだけで過ごすときと同じ状態になります。
ピアノのレッスンは話したり、また歌ったりもするので、生徒が自分よりも下に来ないように配慮して、少し離れて三密を避けながら、なおかつ椅子に座ってレッスンをしました。

ピアノ教師・住職の読経の時も快適

飛沫が下に落ちるという事を除けば、メガネタイプフェースシールドは、ゴムでこめかみを圧迫することもないので大変に快適です。

ピアノのレッスン時もさることながら、お坊さんの読経の時などには一番適していると思います。
お坊さんは座って読経されるので、特に月参りの時にはメガネタイプフェースシールドがおすすめです。

フェースシールドの組み立て方

フェースシールドの組み立ては、工作が苦手な私にもとっても簡単に組み立てることが出来ました。
組み立て方の手順です。
フェースシールド

メガネタイプのフェースシールドのメガネ部分です。
フェースシールド

メガネの横にあるプラグの部分です。
このプラグにシールドをはめ込みます。
フェースシールド

組み立て完了
フェースシールド

大変だったのは初めの工程の新しいシールドについている保護フィルムを剥がすことでしたが、セロテープを使えば簡単にはがすことが出来ました。

保護フィルムの剥がし方

フェースシールド
シールドの端の部分にセロテープを貼って引っ張ると、あっという間に保護フィルムを剥がすことが出来ます。

メガネタイプのフェースシールドを使った感想

メガネタイプのフェースシールドを使った感想は、メガネをかけている状態とほぼ同じなので、とても快適でした。
あとほんの少し下に長く、ほんの少し下の部分が内側にカーブしていれば、下に飛沫が落ちる心配も少なくなると思いました。

マスクが体に合わないタイプの人にとっては、フェースシールドは快適にコロナ感染を予防できると思います。




ご購入・詳細は>>>メガネ付きフェイスシールド

コメント

タイトルとURLをコピーしました