がん闘病日記一覧

私の夫のがん闘病日記です

胃がん全摘後1年半|たけのこも食べられるようになりました!

2017年10月に胃を全摘した旦那さんは、竹の子の旬の次の年の春は全摘後まだ半年で、繊維の多い野菜はほぼ食べられませんでした。竹の子の産地に住んでいるわが家は、竹の子をいろいろなところから頂きます。家族が食べている横で、食べたいのを我慢している旦那さん。気を使って食べる家族。術後半年はそんなギクシャクした食事風景の時もありました。

胃全摘後の後遺症|食事時の詰まり解消法(旦那さんの場合)

胃ガンで胃を全摘した人を一番悩ませるのは、食事時のつまりです。つまるものは食品だけでなく、飲み物類もつまる事を知って驚きました。1日3度の食事のほかに、お茶を飲んだり、コーヒー、ジュースなどを飲む度にゴクゴク飲みほせない辛さは本人にだけしかわかるはずありません。 有料老人ホームの厨房でパートしている私が勉強したつまり解消法をご紹介します。

胃がんで胃全摘した旦那さんの貧血改善レシピ&鉄分を多く含む食材

胃を全摘すると栄養の吸収率が悪くなるようで、特に旦那さんの場合は貧血がひどく血液検査の度に鉄分不足を指摘されるようになりました。毎日の食生活で鉄分を少しでもとることができればと思い、毎日鉄分をとれるお料理を作っています。その中で旦那さんが気に入っている代表的なレシピをご紹介します。

黒にんにくパワー&気になるお味

黒にんにくは、はじめは真っ黒だし・・・という理由で気が向きませんでした。”黒にんにく”というぐらいだから真っ黒なのは当たり前なのですが黒過ぎて、ちょっぴり敬遠していました。いくらフルーティといわれてもフルーティに見えませんよね。人生初のパートを始めてから数か月、疲れが出てくるころに食べてみると、

寒い冬の飲みにくいエンシュアを美味しく飲む方法!&エンシュアレシピまとめ

エンシュアを飲み始めて1年余り。夏はアイスにしたりゼリーにしたりと食べやすい方法をいろいろと試して毎日とはいきませんが、少しづつですがエンシュアを取り入れることができた旦那さん。冬になるとエンシュアの独特の甘さがどうしても受け入れられなくなりましたが、意外や意外とってもシンプルに美味しく飲める方法がありました。

胃がん全摘1年後|仕事復帰のお弁当

2017年10月30日に胃がんで胃を全摘してから1年余り。全摘して約半年でほんの少しの時間の仕事を始めました。体力と自信がついてきたので、2019年1月(術後1年4か月後)から仕事時間を午前から午後までの7時間と昼食時間を挟んだ仕事を始めました。なかなか復帰できなかった理由はお昼ごはんです。

エンシュア飲むなら絶対ゴーヤのスムージー|ゴーヤのスムージーに入れると苦みを感じない食べ物は?

数年前から夏になるとゴーヤのスムージーを飲んでいます。ゴーヤはそれだけでは苦くて飲めないのであるものをプラスして飲むとすごくおいしくなります。それにヒントを得てエンシュアとゴーヤをスムージーにしたらドンピシャでした!