夏だると紫外線老化の解消法


夏も後半に差し掛かると、肌・体ともに春先から蓄積してきている紫外線の影響でかなりのダメージを受けます。
紫外線による夏だる(夏バテ)、そしてお肌への紫外線のダメージは何といっても光老化。
若いから大丈夫とタカをくくっていると歳を重ねた時に「後悔先に立たず」状態にならずともかぎりません。
そこで夏だると紫外線による光老化について検証されていることをまとめてみたいと思います。
style="display:inline-block;width:336px;height:280px"
data-ad-client="ca-pub-8309600938910996"
data-ad-slot="7466747406">

寒暖差による夏だる

夏だる(夏バテ)の要素は、紫外線と暑さと涼しい場所との行き来が、自律神経が乱れ汗が出なくなるという現象が夏だるを引き起こしています。

現代はどこに行ってもエアコンが効き、戸外では体温以上の暑さにもかかわらず室内に入ると快適温度が保たれています。
特に地球温暖化により毎年夏の気温が上昇しているように感じ、熱中症対策が必要不可欠となり、部屋の中もエアコンをつけるようにという指導が全国でされています。しかしそのエアコンの使い方によっては夏だるの原因となってしまいます。
エアコンの設定温度と戸外の温度差は5度ぐらいまでが自律神経に悪影響を及ぼさないとも言われています。
しかし戸外は38度以上もあるのに室内は27度に設定しても10度の温度差があり、その場所を何度か行き来すると自律神経の乱れがおこり、汗が出なくなり、その結果夏だる(夏バテ)につながっていくという結果につながります。

寒暖差による夏だる対策


エアコンの効いた室内と暑い戸外の行き来による夏だるお解消法としては、一言でいうと入浴です。
炭酸系の入浴剤を入れたぬるめお湯にゆっくりつかることが、自律神経を正常に戻す働きがあることに重ねて、寝る前にゆっくりとぬるめのお湯につかることは、質の良い睡眠の効果もあるので、睡眠によっても日中の疲れをしっかりとれるのでひいては夏だるの予防になります。

なぜ紫外線に当たると疲れるのか?


夏の暑い時期にかかわらず戸外で紫外線に当たると、その後の疲労感がすごいという経験を持った方はおられるとおもいます。
なぜ紫外線に当たると疲労度が増すのかというと、その原因は日焼けです。
日焼けすると人間の体は紫外線によって傷ついた細胞や遺伝子を修復しようとして、無意識のうちに体力を消費して疲労度が増してしまいます。このメカニズムが紫外線に当たると疲れるという原因です。

紫外線による疲労を解消するには?


紫外線による疲労を解消する方法は、やはり日焼け止めです。
日焼け止めはお肌のシミ・しわ対策だと思いがちですが、日焼け止めを塗ることによって体の中に紫外線を入れないようにするということができます。日焼け止めを塗っている時と塗っていない時では体の疲労度にかなりの差が出ます。
そして紫外線はお肌からだけでなく目からも入ってくることを忘れてはいけません。
目から入ってくる紫外線は白内障の原因になったりします。その対策としては色の薄いサングラスをかけることです。
「なぜ色の薄いいサングラスなの?色の濃いサングラスのほうが効果があるんじゃないの?」と思われると思いますが、
色の濃いサングラスをかけると瞳孔が広がり、瞳孔から多量の紫外線を目に吸収してしまうので、色の薄いサングラスで紫外線対策することが最良だと言われています。

夏は老ける|なぜ夏は老けるのでしょ?

夏の老化の原因は紫外線!紫外線は百害あって一利なしといわれています。実際には1利はあり、その1利とは体内でビタミンDを生成できるというだけです。肌の老化の80%は光老化と言われています。
肌の老化の代表的なものは、歳を重ねるにつれてきになるシミ・しわの2つですね。
紫外線を浴びることによって肌の弾力性がなくなってきて、メラノサイトが以上に働きメラニンを過剰に分泌します。
そしてお肌に大切なコラーゲンを作り出す機能の低下で真皮も正しい構造を保てなくなり、水分バリアを破壊してシミ・しわを作ってしまうということにつながっていきます。

光老化対策は?

光老化の対策は、やはり夏だると同じように日焼け止めを塗ることです。
日焼け止めを塗ることで、夏だる、お肌の老化を予防できるので一石二鳥の効果があります。
日焼け止め、たかが日焼け止めと思っていましたが日焼け止めは侮れませんね。

日焼け止めを塗った後の大切なこと

・最近の日焼け止めはウオータープルーフのものが多いので、少しだけ洗っただけではなかなかきれいにに洗い流すことができません。
 日焼け止めを塗った後は、お肌に負担がかからないように、しかもしっかりと日焼け止めを洗い流さないとかえってシミ・しわの原因になるので気を付けてくださいね。
・日焼け止めを一度塗ったからと言って決して安心しないで!
 これは製品にもよって日焼け止め効果の時間が違うということ。こまめに塗りなおすことが大切です。
 日焼け止めを塗っているから安心といって1日中そのままでいると、日焼け止めの効果が切れているので気をつけましょうね。



スポンサーリンク

シェアする

フォローする